1と0の狭間。

好き勝手に書き散らしているブログ。本の感想が多めかも。

獣の奏者

◆読んだ本の振り返り

 

*あらすじ
獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、山中で天を翔ける王獣と出合う。その姿に魅了され、王獣の医術師になろうと決心するエリンだったが、そのことが、やがて、王国の運命を左右する立場にエリンを立たせることに…。

 

エリンのアニメが当時めちゃくちゃ好きで、ヘビロテしてたな~!

再放送も結構してくれたから、毎回欠かさず見てた。

単行本で持ってたんだけど、引っ越しのときに売ってしまったなぁ。

今は文庫で全巻出てるみたいだから、買おうかな。

エリンって、結構話の終わり方で好みが分かれるんだけど、自分は気にならなかったから本当に好きなシリーズ。

こういう世界観作れるの凄いよな。

どうやったらこんなアイディア出てくるんだろう?

十二国記も然り(笑)

今は積読消化で再読があまり出来ないけど、その内エリンも読み直したい。